口腔ケアして、口臭をなくそう!

歯ブラシで歯を磨いても何となく口臭が気になる…

ブレスマイルウォッシュの効果

そんな方におすすめが5つあります。

1. 歯科の検診とブラッシング指導
もしかしたら虫歯や歯石などが原因かもしれません。
まずは歯科で口腔チェックを受けましょう。
歯石を取ればかなりスッキリしますし、臭いも軽減します。虫歯がある場合は尚更です。
また、歯のクリーニングの時に染め出しを行なってくれるところもあります。自分の歯磨きで磨き残しが多い場所を把握し磨き方を教わることで、歯磨きの質が格段に上がります。

2.タフトブラシ、歯間ブラシ、フロスを使おう
歯間に残る食べかすが口臭の大きな原因に。歯ブラシのあと、これらのグッズを使って歯間ケアを継続すると臭いにくくなります。

3.舌のケア
舌には舌苔と呼ばれる食べかすがたまっていることがあります。下が白かったり黄色っぽい人は舌専用のブラシを使って1日1回ケアしましょう。
やりすぎると舌を傷つけてしまいます。また、歯ブラシを使って磨くのも良くないので、専用グッズをお勧めします。これで臭いは激減します。

4.ウォーターピックを使う
フロス、歯間ブラシのかわりにウォーターピックもおすすめです。水の勢いで歯間に詰まった食べ物を飛ばしてくれます。中にはマッサージ機能もついたものもあるので、使っていくうちに歯茎が締まってきます。

5.歯列矯正をする
わたしは歯並びが悪かったので、歯磨きにどれだけ時間をかけても磨き残しがありました。矯正をして歯並びが良くなると磨き残しが少なくなるので、臭いの軽減につながりました。

ぜひ、口臭が気になる皆さん!試してみてください!

口臭をさりげなくチェックする方法

口臭は気になりだすと、とまりませんよね。意識しだすと口臭なのでずっと付きまといます。http://unprofessionaldevelopment.org/

また、なぜか意識し続けるとさらに臭くなったような感じや人の表情までゆがんだ顔のように見えることがあります。口臭の一番の敵は自分です。そんな口臭をさりげなくチェックする方法をご紹介します。1つ目は、トイレです。トイレは基本的に異性がおらず、口臭も吐きたい放題です。思う存分口臭を確認し、口をできるだけゆすいでください。必要に応じて洗浄後、ミンティアなどを食べましょう。

トイレなどがない場合はくしゃみなどをするふりをして、口臭をかぐという方法もあります。口臭が漏れないようにする必要があるため、できるだけ口と鼻の隙間をなくし、両手を覆ってくしゃみをするふりをしましょう。口で息を吐き、鼻で息をすぐに吸うという方法もあります。これはリスクもありますが、口で息を少し鼻に近い上向きへ少量を吐き、鼻で思いっきりたくさん吸うというものです。あまりよくない方法は、唾液のにおいをかぐ方法です。

唾液と口臭は全く関係がないわけではないですが、唾液が臭い=口臭が臭いというわけではないので、唾液のにおいをかいで口臭を気にするということはあまり意識しなくてもよいかもしれません。

口臭が起こりやすい体調の変化

口臭は口中にたまった細菌などが原因で起こるものですがそうなる前に自身の体調によってもたらされる変化でもあるのです。日常の色々な場面でも口臭が起こりやすい時間があります。

http://www.safran-de-lectoure.com/

主な原因は唾液の分泌など口中が潤っていないことです。唾液には最近を洗浄する効果がありますが、会話や食事、口を動かしてだ駅を分泌し絵いるため唾液腺が刺激されている場合には分泌が促され得ています。

しかし、就寝時など口中が乾燥しやすい時間帯には唾液の分泌が減り自浄作用が低下します。こうした場合にはタンパク質を分解する最近が増殖し、臭いが強くなります。特に朝起きたときには臭いがきつくなることがあります。

朝起きて感じるのがまず口中のネバつきです。就寝時には口呼吸をしており、水分補給もおろそかになりがちで口中は常に乾燥しています。乾燥しやすい冬には特に臭いが強くなります。また、日中ではストレスや緊張状態にあるとき交感神経が優位であるため、唾液に分泌が減り口臭が強くなります。

また、女性の場合はホルモンの変化で口臭を感じやすくなります。ホルモンの乱れが激しい思春期や月経時、妊娠や出産、などの時期にも口臭が強いと感じることがあります。近年は男性にも更年期があるため、50代になると男女ともに感じることがあります。

口臭のケアどうしてる?

何気ない会話をしていて気になることに口臭があります。ガムやタブレットですぐに対処しきれないときに毎日にハブラシの時や夜にケアすることで口臭は軽減されます。自分の口臭は周りの人たちを不快にさせてはいないだろうか?って考え始めたらこの方法を試してみるのがおすすめです。まず、ハブラシでは取り切れない汚れや歯垢は時間

がたったり寝ている間に嫌なにおいの原因になります。そこで効果的なのはハブラシだけではなく歯間ブラシや糸ようじのような形状のフロスをプラスアルファで使って丁寧

http://www.georgetownsertoma.org/

に歯の間という間を隅々まできれいにしていきます。ハブラシは表面を磨いたら全体がきれいになったような気がするものですが実は歯の間に入り込んだ食べたものの残りや歯垢などはかなりの確率で残っていて軽くハブラシをしただけでは取り切れないことが多いのです。時間が取れるとき、特に夜の時間帯にフロスを日課にして生活のルーティンに加えていくのが口臭ケアの基本です。さらに歯だけでなく見落とされがちですが舌の状態もにおいや口臭にかかわるポイントになってきます。口臭ケアの最後の段階で

舌をきれいに保つのは仕上げとしてとても効果的です。まとめると初めにハブラシ、次に歯間をフロスやブラシをする、最後に舌の上をきれいにするなど段階を踏んで口臭ケアをする習慣づけることが大切です。

子どもに口臭!?原因と対策について

子どもと距離が近づいた時に子どもの口臭が気になった事はありませんか?

あまり知られてはいませんが、子どもにも口臭があるんです。

そこで今回は子どもの口臭がひどくなる原因と対策について解説していきます!

【口臭の原因】

〇きちんと歯磨きが出来ていない

口臭には口の中の細菌が大きく関係してきます。

そのため、歯磨きがきちんとできていなかったりして、口の中が不潔になると口臭が強くなります。

〇口呼吸をしている

口の中の乾燥も口臭の原因につながります。

抗菌作用のある唾液の働きが乾燥によって弱くなってしまうからです。

口呼吸をしていると常に口の中が乾燥してしまうので、口臭が強くなってしまいます。

http://keepournetfree.org/

〇喉や鼻に病気がある

副鼻腔炎や扁桃炎など、鼻や喉に病気があると膿の臭いが口からする場合があります。

また、胃の調子が悪い時も食べたものが上手く消化されず、口からニオイが出る事も。

【対策の仕方】

〇歯磨きは丁寧に

口の中の健康を守るのはやはり歯磨きが基本です。

お子さんが自分で歯を磨くことも大切ですが出来るだけ大人が仕上げ磨きをしてあげるようにしてください。

〇鼻で呼吸するようにする

口呼吸は口臭を強くするだけじゃなく、免疫力も低下してしまいます。

顔の筋肉の発達にも影響が出てしまうようなので、口呼吸が癖になっているお子様には出来るだけ鼻で呼吸するように意識させ、練習させてあげましょう。

〇治療を受ける

口以外の原因がある場合は専門の病院を受診して適切な治療を受けてください。

歯医者さんで歯磨き指導をしてくれるので歯磨きの仕方を見直したい方は一度歯医者さんに行ってみる事をお勧めします。

子供の口臭と歯磨きについて

歯が生えてきてからは子供用のイオン歯ブラシとお水だけで磨いています。

今まで一度も 虫歯になった事はありません。

お茶等の色素もつきにくいです。

歯磨き剤をつけることによって 磨いたつもりになるよりは

いいかもしれませんね。

1人で綺麗に磨けるのは・・。大人になっても磨けない(綺麗に)人も居ます。

ブレスマイルウォッシュ愛用者のネット上の評判や私の口コミをご報告!

今の段階では 仕上げ磨きを必ずしましょう。

小学生になる頃には上手になってきますよ。

虫歯はありませんが 歯医者さんは定期的に通っています。

鏡をみながら 歯磨きの指導をしてもらったり

磨きにくい場所を教えてもらったりしています。

歯磨き粉は、使わなくて済むなら一生使わない方が良いものです。

研磨剤が入っていますから、歯の表面のエナメル質を少しずつ傷つけてしまうため、虫歯になりやすくしてしまったり、知覚過敏にしてしまいます。(特に、歯を白くする歯磨き粉は危険)

また、泡で歯の汚れが見えにくくなるため磨き残が多くなってしまう、ミントの爽快感から歯垢などが残っていても口臭を感じない為虫歯になりやすい、などの観点から、歯磨き粉を使わないように推進する歯科医は少なくありません。

しかし、どうしても歯磨き粉を使用したい場合は、まずは水でうがいしてから、歯磨き粉を付けずに歯ブラシと水のみで歯磨きをし、磨き終わってから、最後の香り付け程度に歯磨き粉を使用しましょう。

子供の歯(乳歯)は、エナメル質がとても薄いので、歯磨き粉を使用するのは避けるか、研磨剤の入っていないものをうがいが出来るようになってから使用しましょう

口臭の原因は意外なところに

つい数年前まで、朝起きると生ゴミのようなにおいがしてしまうほどの強い口臭に悩まされていました。ブレスマイルウォッシュ

歯は、毎食後磨いていましたし、マウスウォッシュ、タブレット、舌磨きと口臭対策としては万全のつもりでいたのですが、なぜだかちょっとも口臭改善は見られずにいました。

ところが歯痛を頻繁に発症する様になり、どうにも我慢できないほど痛くなってしまったので数年ぶりの歯医者に行ったんです。

私は子どもの頃、歯列矯正をしていたのですが終了してから10年以上、行かずじまいでいたんです。

当時、指摘されていたのは1本の親知らず。

私の親知らずは、斜め上を向きいわゆる抜きにくい歯だと、虫歯になりやすい歯なと言われていました。

数年ぶりに診察を受け、指摘されたのはその親知らずでした。

見た目には虫歯ではないように見えるが、中で虫歯が進行しているとのこと。

その歯を迷いもなしに抜かなくてはならなくなりました。

恐怖を押し殺し、抜歯してもらうともう歯だとは思えないほど抉れ、真っ黒の状態くらい進行していたんです。

抜いてから数日は、抜歯の影響で食べ物をまともに食べられる状態ではなかったので気付きもしませんでしたが、あんなに激臭だった口臭がうそのように消えていたんです。

どうやら虫歯が原因だったようでした。